概要

「Subject: 」ヘッダ(タイトル)先頭の返信記号(「Re:」「Re^2:」「Re[2]:」)の形式を設定に合わせて補正するマクロです。

設定自体は「全般的な設定」→「上級者向け」→「メール作成」に、形式を選択できるようになっているのですが、『返信元メールの題名が既に「Re^2」のようになっている場合には、ここの設定に関係なく、「Re^3」のように返信します。』(ヘルプより引用)ということなので、自分の思い通りにならない場合があるのをこのマクロを実行することで補正します。

実行方法

ファイルを解凍してできたファイルを秀丸エディタ・秀丸メールのマクロ用フォルダに格納します。
適宜、マクロ登録したり、ショートカットキーを割り当てたりしてください。
返信や転送をしたときに自動でマクロが動作するようにしてもいいかもしれません。
登録の方法がわからなければ、秀丸メールのヘルプなどを参照してみてください。

「返信メール」や「転送メール」のコマンドを実行してエディタを立ち上げます。
そして手動または自動でマクロを実行させます。

補足説明

対応している記号は以下の通りです。いくつか連なっている場合にまとめることもできます。

Re: …
Re2: …
Re^2: …
Re[2]: …
Fw: …
Fwd: …
[Fwd: …]

オプション設定

マクロ内に設定変更用の変数「#ReFwRe_Count」を設けています。
Re[2]: Re2: [Fwd: Re: …] のように、返信や転送の記号が多数存在するときどのように扱うかを指定できます。

「0」の場合、転送記号を見つけたら以降は数をカウントしません。(Re^4: …)
「1」の場合、返信記号の数を数えます。(Re^5: …)
「2」の場合、返信記号・転送記号すべての数を数えます。(Re^6: …)
「3」の場合、先頭の記号だけ補正します。(Re^2: Re2: [Fwd: Re: …])
「4」の場合、「Fw」記号を見つけると補正をやめます。 (Re^4: [Fwd: Re: …])

※カッコ内の太字は上の例を補正した形式で、設定を「Re^2」にしている場合です。

改版履歴とダウンロード

Rev.20080715 「Fwd:」([ ]なし)を認識しなかったのを修正。
Rev.20070703 転送記号を見つけると補正を終了するオプションを追加。
Rev.20070620 秀丸メールが追加・修正する先頭の記号のみを補正できるオプションを追加。
Rev.20070531 無限ループになるのを修正。
返信記号に似ているが違う(数字ではない)ものを見つけた場合、処理を終了するように修正。
Rev.20070530 ソースを見直し、[Fwd: …] の形式にも対応できるようにした。
Rev.20060919 更新フラグを消すようにした。
「Fw:」も対象に含められるようにした。
ソースを若干修正した。
Rev.20060529 返信記号を除いたタイトルにReが含まれている場合に無限ループになるのを修正した。
Rev.20060202 新規作成。

カウンタ

Since July 12nd, 2007
counter
アクセス解析「なかのひと」
Powered by
Movable Type 3.35
Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Firefox3 Meter